週末のまとめバイオメトリック

2018年09月06日

これはコントロールの一種?

なんかショッキングで、なんか落ち着かない。誰にも話せない。特に現在のラボメンバーなんかには。なのでここで吐き出す。

ちなみに面接は撃沈。というか、なんか向こうはもっとIT関係の人が欲しかったらしく。それはともかく、HRからどこに移動したのかアップデートしてくださいというメールがきたので、今週火曜日に前もって話していたサラのラボにとりあえず引っ越してきました。でも一時的なので、ほとんどの私物は元の場所に置いたまま。

そして今日、エンリケから話がしたいというので言ってきたのですが、肝心な引き継ぎとかじゃなくて、”今やってる論文はどうするんだ”というのが主な内容でした。。。しかも!私がエンリケのラボにきた時、ちょうど安田研の学生さんのin vitro系の仕事がまとまりある時で、in vivoのデータがあればgoodというところでしたので、コンストラクトは全て日本で準備してあったしこちらにカエル施設はあるので、こっちの仕事の合間に一個の図を作るべく実験してました。それは感謝してますけど、それを出して、私に他のラボに移ってもしろというのです。いや、もちろんあと一つのデータがあれば、と終わりが見えてればこちらも喜んでやりますが、図1から7、8個全部作らないといけないんですよ??

しかもさー、頼み方がいやらしい。

”次の論文はいつ出ると思う?”
”今までのデータを全て投げ出しちゃうの?”
”君がきた時、前のラボの実験やってたよね?”

なんか私に罪悪感感じさせて、続けさせようという感じ。
その時は何も感じなかったけど、あとから考えるとなんかもしかして罪悪感を感じさせることによって相手をコントロール(実験させる)しているのか、と思いました。学生さんなんか特に、論文を盾に無給で働かざるをえないわよね、、、。
あああ、カエルの本の執筆も断るんだった、、、orz

ちなみに悶々としていた時のお昼にうちのビルジムでレイドがあったので待機してたらヒラリー女史が。なので、こんなにいっぱい実験を他のラボに移ってもしないといけないのは普通か聞いてみたら、無理。ときっぱり言われました。

africanfrog at 14:10│Comments(0) ラボのお話 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
週末のまとめバイオメトリック