ビクトリアバス論文の書き方

2015年06月03日

あいかわらずおっちょこちょい中

一昨日コンストラクトを作っていて、プラスミド番号を間違えて違うの切っちゃった。翌朝ライゲーションしようとマップ見直している時に気付いた。ちなみにRFPとmCherryの違いなので長さも一緒、酵素サイトも一緒でやばかった。で、切り直した、しかも同時に別のコンストラクトもやっちゃおう〜と思ったのに、やりなおしたやつ、ゲルを切り出すところで切り取ったゲルスライスをチューブに入れようとしたら手がUVボックスの端にあたって、ゲルが飛んでいった、、、。しばらく探すも見つからず、、、。うう、またやり直し。最近ウエスタンもなんかうまくバンドがでなくなった。今までシグナルが強すぎたので思いっきり量減らしてみたら、シグナルがまったく出なくなり、、、。うう。卵母細胞の実験も、なんかいまいちhyperのシグナルが1もあがらないわ、b-galのコントロールでなぜかシグナル落ちてるし。なんか全然進んでない。

今やってる遺伝子、魚のノンセンス変異で2つアレルがあります。一つは大人になって遺伝子を調べるとちゃんと25%のホモ個体率。しかしもう一つのアレルはたったの4%で、育っているうちに淘汰されるのなら生まれて4日目に遺伝子調べてホモだけ育てちゃおう、と今週は頑張って56匹も尾っぽ切ったのに、やっぱりたったの3匹(3/54) 。これを続けていいのかなぁ(だってシークエンスは一反応4ポンドつまり今回だけで224ポンド、日本円だと4万2千円もかかって、さらにこれを最低2、3回?)とゴードン会議でロンドンに出張中のエンリケにメールしたら、そんなに早く死ぬなんておもしろいじゃん!!1日目で遺伝子調べたら?!って、、、ええええええ。もっとシークエンス代かかっちゃうがな。しかもそれって別のフェノタイプ見ている可能性もあるんですが、、。こう来るとは思わなかった。

africanfrog at 14:05│Comments(0)TrackBack(0) ラボのお話 | 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ビクトリアバス論文の書き方