デビューPCR機は自作できるらしい

2012年07月19日

初体験

ぎっくり腰。

金曜日の夕方、家に帰って来てバイクをガレージの所定の位置に止めたとたん、ぎっくり。まだスタンドかけてなかったので、死にそうになりながらスタンドをかける。心臓ばくばく、冷や汗たらたら。とりあえず呼吸を落ち着けて、バイクの後方にあったダイニングセットの椅子にすわる。とにかく暑いので、痛い腰をあげてジャケットを脱ぐ。再び腰をおろしてしばらくすると、スティーブンが帰って来た。私のバイクの横に、彼のバイクをおく。声をかけようとするが、声が出ない。と、スティーブンはすたすたとガレージのシャッターをしめて行ってしまったではないか!!!(私に気付いてない!!)しかし私は動けない。しばらくして、家に私が居ない事に気付いたスティーブンが家から出てくる。そこに這いずって出て来た私とばったり。スティーブンにブーツを脱がしてもらいとりあえずソファ。で、スティーブンが注文したピザを食べ、トイレに行きたくなった時点で這って2階にあがり、トイレを済ませてそのまま2日間、ベットの中でした。 トイレに行く時だけ、スティーブンを呼び起こしてもらってトイレ。食事もベットの中。fish and chips2日間、、、。月曜日はなんとか一人で起きれるようになり、壁を伝いながら一階へ。火曜日に支えなしで歩けるようになり、ぼちぼち家事など。少しずつストレッチを始める。水曜日はちょっと駅まで散歩。普通歩いて10分なのだが、往復して35分。

やっと本日木曜日出勤。電車の揺れが、意外に腰に響いた。 今日は軽く、PCRとカエルちゃん達の世話。私が行けなかった間某R君に世話を頼んでいたが、やはり大事なオタマが全滅した。しくしく。

家よりラボの椅子の方が座り心地いいな〜。 まだ腰が重く、いつものように動けないのが辛い。しかしベットに寝ている間は、本当にこの痛みが取れるのか不安だった。ラップトップすら持てなくて、ベットの中スマフォで情報収集できたのは良かったな。

原因はきっと、1、一人暮らしの時にはまめにしていた、ストレッチ体操をこの6年全くしていない。2、柔いベットにこの5ヶ月寝ている(家の改装が終わらない事には、私の固いキングサイズで寝れない、、、)3、ストレス が重なったんだろうな、、、。 実際一週間ほど、腰に違和感があり、バイクに乗ると手がしびれるという現象が起きていたので、腰が悲鳴を上げていたのだろう。

africanfrog at 14:37│Comments(0)TrackBack(0) イギリスの生活 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
デビューPCR機は自作できるらしい