2019年09月12日

仕事って何だろう

生きてます。Teacher trainingの面接で燃え尽きてました、、、。結果は受からず。
と言うのも、どのトレーニングにもやはり”経験”が必要らしい。
どうやらイギリスの先生って基本的に新任もベテランと同じようなレベルでないといけないらしく、トレーニングコースに入るのに経験が必要。私も時間があれば体験したかったのですが、なんせアプリケーションを始めたのが遅く、経験を積むために申し込もうとしても、すでに7月。もうすぐ夏休みっていう時期だったので、無理ぽ。

でも面接で、授業の風景をビデオで見て他の候補者と議論するというのがあり、そのビデオ見てもうすでにイギリスの学校全然違うー。って思って、その段階で私には無理だと思いました。。。それでも家庭教師なんかできるんじゃ!と思って探しましたが、基本的になぜイギリスの学校は先生不足かというと、ハードワークなのでみんな5年くらいでやめちゃう。そしてそういう人たちがわんさかいて、とてもじゃないけど家庭教師といえど、教育免許を持った人に敵うはずもなく。。

で、2週間前にプロジェクトアシスタントというのがありました。どうやらメディカルライターの補佐をする、イラストレーターで絵を書いたり、パワーポイントでプレゼン作ったり、論文サーチしたり。これは天職?!と思い、ただ、どこの会社か分からなくて、仕方なくその仕事を掲示してたリクルートエージェンシーにコンタクトしました。そしたら結構でかい会社で、ニューヨークにも本社、東京にも支社のある会社でした。そこの面接がどんな感じか調べてみたら、面接の前に筆記テスト。それが合格して初めて面接だそうな。ちなみにメディカルライターの仕事は、最初から避けてた職種、、、。とりあえずアプライしたものの1週間以上たっても音沙汰なく、これはパートをしながらyoutuberか?!と思ったら、シティセンターの日本食屋さんにアルバイトの求人が!!!なんかこれはタイミングがいいので、これをしろということかー!いや、実際どこも雇ってくれないので、最後ののぞみか、とアプライしてみた。

そしたら1時間もせずして返信が!ってなわけで、昨日面接に行ってきたのですよ。店のオーナーの女性はとてもいい感じの方で同世代。とりあえず昼のシフトに入って様子をみましょうということで話は決まり、帰りの電車で上記の会社から連絡来たよーというエージェントからの電話。筆記テストが受かっても、またグループセッションとかいう変な面接があるわけよ。もう私、本当にだめ。全然受かる気しませんわ。もちろんウエイトレスも私にできるかどうか大いに謎なので、とりあえずやってみることにします。一応フルに働いたら、自分の生活費は稼げて、少しは貯金もできるはずだし。。シティセンターに行けるのも、ポケ活と最近始めたイングレスも捗るしな(w





africanfrog at 11:53|PermalinkComments(0)

2019年07月26日

最後のテスト?

政府のprofessional skills test。舐めてました。ハイ。
というか、算数は問題を聞き取って18秒で答える、というのはミスさえなければできたんですけど、その次のwritten testで、初っ端からみたことのない問題が!冷静に解けばできるはずの問題(学生の誕生日が羅列してあって、今何歳何ヶ月か、という)なのに焦った。さらに見たことも無い表。問題の意味も不明、どう表を見たら良いのかもわからず答えられず。それでも他にミスがなければ合格ラインに達していても良さそうなのに、焦ったためにミスがあったのか、1点足りずに不合格。

その日に続けてやった英語のテスト。英語は4つの部分に分かれていて、一つ目は10問からなる聞き取って単語をスペルアウトする問題。リハーサルの綴が分からず。また、アーギュメントの綴りが、eが入ったか入らなかったかが不確かで、入れてしまった。二つ目の問題は、文章が書かれてあり、そこに15箇所、適当な句読点を入れるというもの。これ、意外に難しい。コンマ、コロン、セミコロンだけでなく、引用符の点(’)だったり、直接会話の点(”)、アポストロフィや疑問符も含まれ、かなりしっかり文章を読まないと見落としたり、必要のないandの前に入れてしまったりするわけです。で今回は練習不足が祟り、半分もできなかったと思われます。3つ目は文法(8-12問)。教育関係の文章の内部にブランクがあり、4つの選択肢から正しいものを選びます。簡単なもの、例えばthere thierの明らかな間違いや時制の間違いもあるのですが、フォーマルな言い回しなどはなかなか難しい。練習問題で分からないところがあり、スティーブンに聞いても、これが普通だから、という曖昧な答えしか帰ってこなかったり(涙)。一部は確実に選べるのですが、一部は推測で答える部分も。4つ目がネイティブでも一番やばい長文読解(8-12問)です。今回の問題はわかりやすかったのですが、選択肢が結構引っ掛け多いので、確実に得点をとったとは言えず、、。

結果4点足りずに不合格。これが先週の水曜日でした。どちらも63%正解が合格ラインです。

そしてそれから毎日朝も昼も夜も勉強しました!コミュニティデイは参加しましたけど(苦笑)。

今週木曜日に算数、今日金曜日に英語でした。

算数は例の見方が分からない問題、出ましたが、しっかり勉強していたので無事できました!確実に手応えはあり、無事合格。

問題の英語。ネイティブのフォーラムでも長文読解が苦手なので、確実に最初の3つをとっていきましょう!という話になるのですが、今回スペリングの問題が全然できず!半分くらい全く知らない単語が、、、(涙)。もうここで、落ちた!と思いましたよ、、、。

句読点は頑張って勉強した甲斐があり、14は確実にわかりました。最後の問題が終わり、もう一度文章を見直したら、最後の一個も解決。todaysのtoday'sだった!

文法が半分は確かな確信がなく。頑張って消去法でそれっぽいものを選ぶしかすべはありませんでした、、、。

最後の読解問題。あとが無いので、かなり粘りました。長文自体は、ネットいじめの話で割と一般論だったのでわかりやすかったと思います。選択肢もなんども読み直して慎重に選択。でも確信は一切なし。

でこれは絶対落ちたと思って、しょんぼりして係の人に手渡されたプリントアウトされた書類をみたところ、合格してました。え??って感じです。見間違いかと何度も見直してしまいました。しかも何点とったか教えてくれないので、すごくモヤモヤです。なんか全て取れないといけないスペリングが全然できなかったので微妙に嬉しく無いです。

GCSE, professional skills test (Numeracy and Literacy)ときて、これでやっとトレーニングコースに入る資格ができたわけです。
イギリス、テスト多すぎ。

africanfrog at 14:45|PermalinkComments(0)

2019年07月15日

近況

毎日勉強しております。
一ヶ月前にバーミンガムで受けた算数(若干数学)のテストは96%正解して合格。興味がてらに受けたcombined science(生物、物理、化学)は思ったより取れていて75%。問題の英語は、先週シェフィールドで受けてきました。明日結果が出るはず、、、。一応全部書きました。最後の2つ目の詩がどう答えたらいいかわからなくて、とりあえず書いちゃえーと書いてるときに時間がきました。1問目も、与えられた2つの記事をほとんど読まずに、大事そうな部分だけピックアップしてあとは推測(!?)して書いたので、推測が当たっていればいいなぁ〜、という感じです。しかしこのように答えるだけで必死だったので、いかにうまく文章を書くか、いかに難しい単語を使って意見を述べるかまでは、頭が回らなかったので、合格ラインの50%行ってれば十分です。

しかしここで終わらない〜。先週教員コースの申請書も出したので、今度は先生になる人は全員受けないという、これまた算数と英語の試験です。算数は主に、実際教育の場で使われそうな図の見方だったり、ヨーロッパに修学旅行にいく際のおこずかいの換金の際の計算だったりします。英語は少し難しそうで、難しいスペリングとか文法、また教育関係の記事があり、その内容把握ができているか、というような問題です。スティーブン曰く、初めてでも80%の人が合格するから大丈夫だよ!というのですが、私からしてみれば、ネイティブでも80%しか受からんの?って感じです。

私信
ごーださん、コメント今頃拝見しました(苦笑)。トルコに決まった場合は、ぜひイギリスに遊びにきてください〜。


africanfrog at 14:11|PermalinkComments(1)