2018年02月19日

朝からずっこける

ううむ。今朝はアメリカにカエルのミュータントの凍結精子を送るため、でっかい発泡スチロールにドライアイス詰めてサンプル詰めて梱包して、受付に持って行こうとした。しかしドライアイスが重くて、多分15-18キロくらい。受付に行くまでに通らなければいけない、人一人ずつ通るゲートは通れそうにないので、とりあえずその直前のソファのところに荷物をおいて一休みして受付の人に荷物運搬用のゲートを開けてもらおうと思ったんですよ。そしたらちょうど清掃員のお兄さんが、荷物運搬用のゲートから出ようとしていたので、テーリングしちゃえ!と荷物をさっと抱えてダッシュして荷物で閉まりかけたドアを開けようとして、荷物が重すぎてバランスを崩してずっこけました、、、。ああ恥ずかしい。こんな歳にもなって(w というか自分より荷物が壊れてないかが真っ先に気になって、周りの大丈夫?!という声にもテキトーに返事した自分はやはり社畜(公僕?)だな。手の甲と膝の青タン必至。

さて今朝は雨も降っていたし、週末のイベントに備えて雑魚は無視して、ひたすらボール、パイルの実集めです。コイキングとポチとぽっぽのみ。

さて日曜日のEx、12時からで参加者が20人以上だったので駐車場確保のために早めに出ました。本来ならガットレーグループのモデレーターであるマイクがレイドリーダーしないといけないのに、前回のレイドも全然何もしてなくて、今回も何もしようとしないので仕方なく私が、青と黄色こっちに集まってーとレイドリーダーする羽目に。ちなみに赤はビッキーという姉(あね)さんがいつもまとめている。

今回は人数が多かったので3匹目のバンギであっさり終わり。私は2球目、ステイーブンは1球目でゲット。私は91、スティーブンは93%どちらも攻撃Fで大満足。

africanfrog at 11:48|PermalinkComments(0)カエルの話 | pokemon go

2018年02月18日

つぶやき

はああ。疲れすぎててやばい。金曜日から目が染みて開けられない。一週間前にコンタクト外した時に染みを感じたのでやばいと思って、この一週間は全然コンタクト入れてなかったのに。ポケ活のしすぎか?!というのも水曜日木曜日は実験の都合上早くいかなければならなくて、イベント中なのに毎朝のポケ活できず。なので金曜日の朝にいつもより長めに、星のかけら2回使ったから1時間きっかり活動したからな。肩こりもひどくて、どうやらストレスによって自律神経が乱れてるぽいなあ。それは夜足がムズムズして寝れないことからもわかってたんだけど。

働きすぎなのはわかってるんですが。やることありすぎ。エンリケは簡単にcrisprでKOしろ、言うけどさ、簡単にできるだけにそのスクリーニングが大変なんだよっ。魚は大人になってからスクリーニングしてもスペース的に大丈夫だけど。蛙はスペースが足りない。

自分の実験もしたいのに、新しい学生がきたら今までに作った蛙は無視して新しいKO作らせようとするし。すでにある変異にはRNAseqとか、それも私が結局しないといけないし。さらにはすでに去った学生さんの論文の追加実験も全部私がしなきゃいけないし(もう私がファーストになってもおかしくないレベルの量)。

でもって野生型の蛙を育てて管理してるのも私で、他の連中は卵の質が悪いと文句言ってるだけ。金曜日の午後は蛙の世話だけで2時間。それでも餌やりの時間がなくて土曜日出勤。

一月は通常の年に一度の何匹蛙を使ったかにとどまらず、わけのわからんデータを要求され(なぜか7月から12月までgenotypeした数とその方法?)。さらには去年何件かアニマルライセンスの違反があったとかで、今年から実験前5日前に申請しないと実験できなくなるとかいうメールが回ってきて、どう見てもマウスの実験ベースなんだよね。なのでそれの対応にも現在追われています。ホルモン注射前に申請書をいちいち出さないといけないなんて、ありえないーーーー!!!

いかん。考えてはいけないーーー。肩が痛くなってきた。。リラックスしなければ、今日は昼にミューツーレイドです。

africanfrog at 10:25|PermalinkComments(0)カエルの話 | ラボのお話

2018年02月15日

愚痴るぜ

9月からいるマスターの学生。ここで愚痴れないほどできが悪くて、できが悪いというよりコミュ障害っぽくて、全然もう叱咤する気もしないんですよ。普通イギリス人ってすごい人にものを頼むときとか無茶苦茶丁寧な言い方するんですけれど、それに外国人学生だって普通”これこれしたいんだけど、手伝ってもらえますか?”って言いにくるのに、こいつときたら、私の予定も確認せずに、Thursdayとぶっきらぼうに言って去っていくようなやつ。しかも人の話きちんと聞いてない。そして後から、私が教えてくれなかったとか、私の喋り方が早いとか文句をいう。いや、分からなかったらそこで聞こうよ??それに私は特別早いとは思えない。そもそもネイティブじゃないし、実験しながら説明するのでむしろ遅くなって一人で実験するより長くなるんですが、、、。人が彼の実験を手伝ってる時にさっさと一人でランチに行ったり、とにかくRudeとしか言いようがない。放っておきたいのですが、彼が某変異体と野生型でRNAseqをすることになり、エンリケが彼がgenotypeした後に私にRNAを抽出するように指令を出してきた。結構なお金がかかるので、正直学生に任せられないということだ。とりあえずどんだけの質と量のRNAが取れるか、同じバッチの野生型もしくはヘテロ個体でRNA抽出してみようということで合意して、genotypeの結果を待っていた。そして運の悪いことに変異体は1/30。まあ練習はいっぱいできる。結果の出た金曜日の午後に、月曜日にRNAとるからね、と確認して、月曜日の朝例のサンプルちょうだい、と頼んだ。あの変異体が少なかったバッチ、と確認した。そしてRNA取って質と量をチェックしたら、質はバッチリ。量が少し足らないというので、少し方法を変えてさらにそのバッチの個体から抽出してみた。なんかオタマが大きいようなのは気のせいかなー?と思いつつ、たくさん取れた!そして現在出張中のエンリケに(学生さんもCC)、もう一度質をチェックしたほうがいいか、というメールして現在どれくらい変異体がいるかいろいろ議論していて、さて他のサンプルも調整に入ろうと、学生さんにどれが変異体かリストを書かせたところ、私が抽出したはずのバッチの箱のラベルが違う??ことに気づいた。そして実際サンプルのところに行って確認したところ、学生さんが月曜日に全く違うサンプルを渡していたことが発覚。。。。2日かけたRNA抽出が無駄。なんかもうがっくり。怒る気力もなくその日は放心状態。。

そしたらその次の日の昨日、彼は来なかった。まあたメンタルissueですか。こっちが泣きたいんですけど。自分で言ったことすら覚えてないっぽいので、また私のせいにするんだろうなぁ、、、。地雷学生怖い。。

africanfrog at 08:35|PermalinkComments(0)ラボのお話